阪神 秋季練習スタート 和田新監督は姿見せず

[ 2011年10月30日 18:50 ]

 今季4位に終わった阪神は30日、鳴尾浜球場で秋季練習を開始した。柴田や榎田ら若手主体のメンバーが参加。和田新監督は同球場に姿を見せなかったが、甲子園の球団事務所を訪れ「しっかり気を引き締めて、覚悟を持ってやって来てほしい。基本を大事にしてキャンプをやりたい」と話した。

 11月の秋季キャンプから新体制は本格始動する。今季頭角を現した柴田は「守る野球といわれていたので、キャンプで課題としていることをやりたい。(秋季練習では)自分の考えと体の動きが一致するよう、意識したい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース