伊志嶺 藤岡にプロの心得伝授「何位でも同じ」

[ 2011年10月30日 06:00 ]

 ロッテ昨年のドラフト1位・伊志嶺が、黄金ルーキーにプロの心得を伝授する。

 ドラフト1位の東洋大・藤岡は大学日本代表のチームメート。「柔らかさがあって球の切れもある。同じチームになったのは心強い」と、1歳年下の後輩の加入を歓迎した。自身は1年目から外野の定位置をつかんだだけに「何位で指名されてもプロに入ったらチャンスは同じ。努力しないと生き残れない」とアドバイス。自身は秋季キャンプに向け「パワーをつけたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース