代打・藤本 沢村から同点打 伊勢コーチ「藤本が全て」

[ 2011年10月30日 06:00 ]

<ヤ・巨>5回2死一、二塁、中前に同点打を放つ藤本

セ・リーグCSファーストシリーズ第1戦 ヤクルト3―2巨人

(10月29日 神宮)
 ヤクルトの代打・藤本が貴重な同点打を放った。

 1点を追う5回、2死一、二塁から巨人・沢村の外角スライダーを中前へはじき返し「追い込まれるまでスライダーにヤマを張っていた。小川監督から“思い切って行け”と言われて開き直りました」。今季は正遊撃手争いに敗れて23試合の出場にとどまったが、25日の広島戦(神宮)で前田健の無安打無得点を阻止する二塁打。伊勢総合コーチは「藤本が全て。あれは効いた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース