建山来季契約延長へ GM前向き「夏場はフル回転」

[ 2011年10月30日 06:00 ]

カージナルス戦の8回、敗色濃厚な展開に、ベンチでさえない表情のレンジャーズ・上原(右端)。左端は建山

ワールドシリーズ第7戦 レンジャーズ2―6カージナルス

(10月28日 セントルイス)
 上原と同じくベンチで敗戦を見つめたレンジャーズの建山は「悔しいが相手が上だった。勝つことの難しさ、大変さを勉強させてもらった」と振り返った。

 メジャー1年目の今季はマイナー契約からはい上がり39試合に登板。右打者には被打率・189と存在感を示した。ポストシーズンの登録はリーグ優勝決定シリーズだけだったが、ジョン・ダニエルズGMは「夏場はフル回転でチームを支えてくれた」と評価。球団が持つ契約延長権の行使について前向きな姿勢を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース