カージナルスWS進出王手!相手の失策につけ込む

[ 2011年10月16日 06:00 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦 カージナルス7―1ブルワーズ

(10月14日 セントルイス)
 世界一になった06年以来のワールドシリーズ進出に王手をかけた。

 2回、モリーナの適時二塁打で1点を先取すると、なおも2死二、三塁で先発投手ガルシアの当たりを相手三塁手がトンネルして2点を追加。6回にも相手失策で得た2死一、三塁の好機で、プホルスが左前適時打を放った。地元の大声援の後押しも受けて完勝した名将トニー・ラルーサ監督は「失策も試合の一部。競っている中での戦いでは、そういうところにつけ込むことが違いを生む」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月16日のニュース