上原本拠地で軽めの調整「きのうのきょうなので何も」

[ 2011年10月16日 06:00 ]

上原(左)は練習中、ホランドに慰められる

 3勝2敗と王手をかけているレンジャーズは、15日(日本時間16日)の本拠地での第6戦に向けて自由参加の練習を行った。

 上原はランニング、キャッチボールなどで調整。ポストシーズン史上初となる3試合連続被弾から一夜明けたが「きのうのきょうなので、何も話すことはありません」と話すにとどめた。一方、第3戦で登板しただけの建山は「肩が軽すぎると良くない」と志願のブルペン入り。「自然に投げました。(勝敗が)タイになると気持ち悪いので(第6戦で)勝ちたい」と話した。

 ▼タイガース、ジム・リーランド監督 休養日は大歓迎。(登板が続いた)ベノアとバルベルデに2日間の休養を与えることができた。相手が有利なのは分かっているが、自分たちにもチャンスがあると信じている。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年10月16日のニュース