ラルーサ監督 「敵地での戦いにも自信を持っている」

[ 2011年10月16日 09:55 ]

 第6戦を翌日に控えたブルワーズとカージナルスは、一部選手がミラー・パークで練習を行った。

 ワイルドカードから勝ち進み、ワールドシリーズ進出まであと1勝としたカージナルスのラルーサ監督は「プレーオフに進めるかどうかという時から、次の試合が最後という姿勢がいい結果につながっている」と自信を示した。

 ▼カージナルス・ラルーサ監督の話 目の前の試合のこと以外は一切考えず、ベストを尽くす。相手が本拠地で強いのは分かっているが、われわれは敵地での戦いにも自信を持っている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月16日のニュース