岸粘りの8勝目!最終戦は中継ぎ待機へ

[ 2011年10月16日 06:00 ]

<西・楽>勝利投手の岸(左)と握手する渡辺監督

パ・リーグ 西武6―3楽天

(10月15日 西武D)
 西武・岸が6回1/3を9安打3失点と踏ん張り、8勝目を挙げた。

 2回に先制を許したが、その後は立ち直って粘りの投球。「きょうは自分は何もしていないです。野手の方が点を取ってくれた」と打線の援護に感謝した。3位争いがもつれれば、今季最終戦となる18日の日本ハム戦(西武ドーム)での中継ぎ待機の可能性もある。「そのつもりでいます」と、すでに「その時」を見据えていた。

 ▼西武・岡本篤(7回1死一、二塁でリリーフし無安打無失点)岸が頑張っていたので、抑えられて良かったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月16日のニュース