巨人 今季最多12点で竜3連破!阿部「誰も胴上げは見たくない」

[ 2011年10月16日 20:15 ]

中日に3連勝、CS進出を決め喜ぶ巨人ナイン

セ・リーグ 巨人12-4中日

(10月16日 東京D)
 巨人は今季最多の12得点で、中日との3連戦に3連勝。東京ドームでの宿敵の優勝決定を阻み、自らはクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。

 3回1死一、二塁では、4番阿部が先制打。5番ラミレスも適時打で続いた。続く4回はラミレスが4試合連続本塁打となる3ラン。6回にも阿部、ラミレスの連打から打線がつながり、打者一巡の攻撃で5点を加えた。3試合で計23点を奪い、目の前で胴上げを見せつけられるという屈辱は免れた。阿部は「誰も胴上げは見たくないからね」と、ナインの心境を代弁する。クライマックスシリーズでも、その意地が見たい。

 ▽ラミレス(4試合連続の23号3ラン)「いいスイングで合わせることができた。自分を信じてプレーできている」

 ▽西村(四回に2死満塁とされ降板)「最後の四球が…。役割を果たせず悔しい」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月16日のニュース