Dキラー襲名だ!ゴンザレス14イニング連続無失点

[ 2011年10月16日 06:00 ]

<巨・中>お立ち台でポーズを決めるラミレス(左)とゴンザレス(右は愛息)

セ・リーグ 巨人4-1中日

(10月15日 東京D)
 巨人・ゴンザレスが7回無失点で今季3勝目を挙げた。

 気を張ったせいか、軽い目まいを訴え降板したが「抑えようという強い意識が良い結果につながった」と満足そうだった。今季序盤はファーム暮らしが続いたが、「阿部のアドバイスもあった」とツーシームの習得に成功して復活した。この日も手元で小さくスライドする新球で内野ゴロの山を築き、大島に左前打を許した6回1死まで完全投球を続けた。中日戦は14イニング連続無失点と見事なキラーぶり。CSに向け、川口投手総合コーチは「ここにきて彼が活躍してくれたのは大きい」と期待を高めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月16日のニュース