有望株・25歳の明石が3打点「チャンスは逃さない」

[ 2011年10月16日 19:26 ]

パ・リーグ ソフトバンク4-4西武

(10月16日 西武D)
 ソフトバンクの有望株、25歳の明石が2安打3打点と生きのいい働きをみせた。2―2として迎えた六回1死二、三塁では外の変化球に食らい付いて2点中前打を放ち、「うまく合わせることができた」と喜んだ。

 9月27日から14試合連続で先発出場し、7試合で複数安打をマークした。「試合に出続ければ、これぐらい打てる自信はあった。チャンスは逃さない」と威勢が良かった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年10月16日のニュース