新監督は外部招へいも 阪神オーナー「期限設けない」

[ 2011年10月16日 06:00 ]

セ・リーグ 阪神0-2広島

(10月15日 甲子園)
 阪神の坂井信也オーナーは試合後、真弓監督の去就について「シーズンが終わったというのは順位が確定した時。考えていることがあっても言えない」と慎重に語った。

 既に球団は真弓監督に解任条件を伝えており、きょう16日に「終戦」を迎えれば、後任監督の人選、調査に本格着手する運び。同オーナーは「決めるのに期限は設けていない。1、2、3週間かかってもいい」と話し、内部昇格やOBにとどまらず、外部招へいも有力な選択肢に入れているとみられる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月16日のニュース