真弓監督 崖っ縁 「前から厳しいよ」

[ 2011年10月16日 10:15 ]

降雨コールドで広島に敗れ、雨の中を引きあげる真弓監督

セ・リーグ 阪神0-2広島

(10月15日 甲子園)
 阪神は7回表無死降雨コールドゲームで無情の敗戦。3位・巨人とのゲーム差は4・5に広がり、きょうにもCS進出の可能性が消滅、ついに真弓明信監督の“解任マジック”は1となった。

 0―2の6回1死満塁。雨脚が強まり、真弓監督は「ああいうチャンスはなかなかないし、一気に勝負をかけた」と代打の切り札を相次いで起用した。しかし、桧山、関本が続けて凡退。その直後に中断となり、再開されることはなかった。

 CS進出を逃した場合、今季限りでの解任が決まっている真弓監督。崖っ縁に追い込まれた状況を問われると「前から厳しいよ」と吐き捨てた。

 ≪最短16日にCS消滅≫阪神は最短で16日にCS進出が消滅する。デーゲームの巨人が中日に○か△の時点で消滅。巨人●でもナイターの阪神が広島に△か●で消滅する。阪神がCSに進出するには残り8試合に全勝、巨人が残り2試合に全敗しかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月16日のニュース