制球に苦しんだ山井 ガックリもCSへ目向ける

[ 2011年10月16日 18:15 ]

4回巨人2死一、三塁、ラミレスに3ランを打たれた中日・山井。捕手谷繁

セ・リーグ 中日4-12巨人

(10月16日 東京D)
 中日の山井は1回に2四球を与えるなど立ち上がりから制球に苦しみ、持ちこたえられなかった。3回は1死から4安打と四球などで4失点。4回にもラミレスに3ランを浴び、一方的な展開にしてしまった。

 山井は「3回の4点も悔しいが、その後の本塁打が」と責任を痛感して肩を落とし「まだ対戦する可能性があるので」とクライマックスシリーズに目を向けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月16日のニュース