石川 4年連続2桁勝利も素直に喜べず「悔しい」

[ 2011年10月16日 06:00 ]

<横・ヤ>ウイニングボールを譲り合う石川(右)と小川監督

セ・リーグ ヤクルト3-1横浜

(10月15日 横浜)
 ヤクルトの石川が7回1失点で4年連続2桁勝利を達成した。

 通算では自身9度目となる2桁勝利で球団史上3位。「自分の成績のためにやっているわけじゃない。チームが勝って本当に良かった」と個人記録には関心を示さなかった。9月10日の阪神戦(神宮)以来の白星にも、9月末に肺炎で離脱した体調管理不足を猛省し「大事な1カ月間に勝てていなかったのが自分の弱さ。悔しい思いはずっとある。やり返したい」と話した。

 ≪ドラフト制後5人目≫石川(ヤ)が10勝目。2桁勝利は自身9度目で、球団では金田正一14度、松岡弘10度に次ぎ3位。またプロ10年間で9度の2桁勝利は山田久志(阪急)以来で、ドラフト制後5人目。チームではそれ以前を含め金田以来2人目。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年10月16日のニュース