星野監督びっくり 今季初3本塁打で西武特急止める

[ 2011年9月29日 06:00 ]

<楽・西>8回1死一塁ガルシアが2打席連続となる勝ち越しの中越え2ランホームランを放つ

パ・リーグ 楽天4-2西武

(9月28日 Kスタ宮城)
 これはもう奇跡だ。楽天は今季初の1試合3本塁打で逆転勝ち。星野監督は「ウチらしくないな、全部ホームランで」と驚きの表情を浮かべた。

 2点を先行されたが、4回に高須が1号ソロを放つと、6回にはガルシアが同点の6号ソロ。8回もガルシアが2打席連続の7号決勝2ランだ。来日初の1試合2発で西武の連勝を10で止めた助っ人は「まだプレーオフに行けるチャンスは残ってる」と力強く話した。最近10試合で2勝8敗と失速。試合前に星野監督は選手全員を集め緊急ミーティング。「まだ終わっとらん。諦めない心や。もう一度気を引き締め直そう」という指揮官の猛ゲキに打線が応えた。簡単にはCS争いから脱落しない。

 ▼楽天・小山(3番手で1回2/3を無失点。チームで田中に次ぐ8勝目)塩見(7勝)がもたついている間に、自分が頭1つ出ました。あと2勝ですね。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース