ドローで自力CS進出消滅 バリントン9回1失点も

[ 2011年9月29日 06:00 ]

セ・リーグ 広島1-1中日

(9月28日 マツダ)
 広島はすでに3時間半を回った延長10回2死一、三塁で栗原が遊ゴロに倒れて試合終了。引き分けで自力CS進出が断たれた。

 野村監督は「一つでも上を目指し、勝つためにはどうすればいいかを考えて1試合1試合臨むしかない」と声を絞り出した。先発のバリントンは9回1失点も打線の援護がなく、8月24日に12勝目を挙げて以来1カ月以上も白星から遠ざかる。指揮官は「何とか勝ちをつけてあげたいけど、うまくはまらない…」とうめいた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース