連勝10で止まる 2発被弾の菊池「情けない」

[ 2011年9月29日 06:00 ]

<楽・西>6回1死、ガルシアにホームランを打たれた菊池(中央)はマウンドを降りる

パ・リーグ 西武2-4楽天

(9月28日 Kスタ宮城)
 西武は同点の8回にミンチェが決勝弾を浴び、14日から始まった連勝は10で止まった。中12日で先発した菊池は、敗戦の責任を背負い込んだ。「粘って終われれば良かったですけど、情けない。連勝を止めてしまった。チームに貢献できずに悔しいです」と肩を落とした。

 4回に高須に一発を浴びると、6回1死からガルシアに左中間席へ運ばれた。5回1/3を9安打2失点。同点の場面でマウンドを降りた。「2点とも長打で決められてしまった。あらためて1球の怖さを知りました」と悔やんだ。

 ▼西武・中村(2併殺に倒れて)きょうは僕のせいです。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース