レイズ三重殺成功!逆転勝ちでWカード首位タイ死守

[ 2011年9月29日 06:00 ]

ア・リーグ レイズ5―3ヤンキース

(9月27日 タンパベイ)
 レイズが劇的な逆転勝利でワイルドカード首位タイに踏みとどまった。ヤンキース戦は勝ち越しを許した6回、なおも無死満塁の大ピンチ。

 ここで3回に本塁打を放っているマーティンの当たりは、三塁線へのゴロ。ロンゴリアが三塁を封殺すると、5―4―3と渡るトリプルプレーでピンチをしのいだ。これで試合の流れを引き寄せ、7回にジョイスの3ランで逆転。27歳の4番は「負けるわけにはいかなかった。チームには勢いがある。あすも勝つ」と大興奮。2年連続のプレーオフ進出を目指すジョー・マドン監督も「これが野球なんだ」と話した。

 一方、9月大失速のレッドソックスはオリオールズに終盤追い上げられながら辛勝。ワイルドカード決定戦になれば敵地で開催されることも決まり、劣勢に立たされた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース