K・スズキ「食事がおいしかった」 選手らは日本開幕歓迎

[ 2011年9月29日 12:08 ]

 日本での開幕戦開催が決まった米大リーグのアスレチックスとマリナーズの選手、関係者は28日、一様に決定を歓迎した。

 アスレチックスは2008年に続く日本開幕。ハワイ出身で日系3世のカート・スズキ捕手は「前回は食事がおいしかった。今度は妻を連れていければ」と笑顔を見せた。同じく日系でマリナーズの抑えブランドン・リーグ投手は「日本の文化、ファンの反応を見てみたい」と興味津々。マリナーズの中軸を打つジャスティン・スモーク内野手は「イチローにとっては大騒ぎになるだろうね」と話した。

 今季の観客動員数がメジャー最低のアスレチックスはビーン・ゼネラルマネジャーが「日本での開催を大リーグ機構に毎年希望してきた」と明かす。日本でのファン拡大を経営面でのプラスにつなげる狙いがある。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース