200安打絶望的なイチロー 残るは“単打王”なるか

[ 2011年9月29日 06:00 ]

<マリナーズ・アスレチックス>初回、イチローは左前打を放つ

ア・リーグ マリナーズ0―7アスレチックス

(9月27日 シアトル)
 マリナーズのイチローは初回、先発ケーヒルの86マイル(約138キロ)の外角チェンジアップをライナーで左前へ。しかし、残り3打席はいずれも外角球を引っ張り込む打撃で凡退し、184安打で最終戦に臨むことになった。

 エリク・ウェッジ監督は「初回は強い打球で安打が出たが、その後は調子が上がってきたケーヒルにスイングさせてもらえなかった」と話した。苦しんだシーズンも残り1試合。11年連続200安打は絶望的となったが、この日の左前打で単打数は154となり、リーグ1位のピエール(ホワイトソックス)にあと1。11年連続の「単打王」の称号は死守したい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース