西岡 不本意なメジャー1年目「人生の財産にはなった」

[ 2011年9月29日 10:20 ]

 右脇腹を痛めているツインズの西岡剛内野手は、故障者リスト入りしたままメジャー1年目を終えた。出場は68試合にとどまり、打率2割2分6厘、本塁打0、19打点、2盗塁、12失策に終わった。

 ▼西岡の話 目標が一つもクリアできなかった。悔しい一年だった。苦しいときに自分と向き合えた。人生の財産にはなった。来年は勝負の年になる。挑戦者の立場は変わらない。こちらの野球に適応するスタイルをつくっていきたい。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース