オリ連勝止まる…リーグ優勝の可能性も消滅し怒りの岡田監督

[ 2011年9月29日 22:03 ]

パ・リーグ オリックス3-4ロッテ

(9月29日 京セラD)
 投手陣が崩れ、オリックスの連勝は5で止まった。先発の西は3失点で3回途中に降板。抑えの岸田も1―3の九回に登板し、痛恨の1点を失った。わずかにあったリーグ優勝の可能性も消滅。岡田監督は「(あと)何試合残っている。それを分からん投手が2人いる」と早口でまくしたてた。

 5戦連続で2桁安打を放っていた打線が、9回に2点を返して意地は見せた。ただ今季のオリックスは連勝のあとに連敗する傾向がある。指揮官は「またズルズルいくよ」と怒りが収まらなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース