松井 日本開幕を歓迎 指揮官も残留熱望「一緒にやりたい」

[ 2011年9月29日 11:05 ]

 米大リーグのアスレチックスとマリナーズが来季の開幕カード2試合を東京ドームで開催することが発表されたのを受け、アスレチックスのメルビン監督は28日、今季で1年契約が切れる松井秀喜外野手について「来年も一緒にやりたい。日本で相手ベンチにイチローがいて、こちらに松井がいるとなれば素晴らしい。完璧だ」と残留を熱望した。

 6月から指揮を執る同監督は、出場機会が減っていた松井を中軸に据え、復調のきっかけをつくった。来季からの3年契約を結んだばかり。

 松井は日本開催が決まったことを「喜ばれるファンの方がたくさんいるのでは」と歓迎した。ただ、自身の去就については「(日本開催とは)別問題。2試合のためだけに来季の所属先を決めることはない」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース