一場2回無失点 荒木コーチ「ウチに来て一番の働き」

[ 2011年9月29日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト8-5阪神

(9月28日 神宮)
 ヤクルトは中継ぎ陣の踏ん張りで逆転勝利を呼び込んだ。

 先発・七条の3回途中KOを受け、今季初登板した一場は2回を無安打無失点。相手に傾きかけた流れを断ち切った。荒木チーフ兼投手コーチは「ウチに来て一番いい働きだった」と評価。3番手の松井光は2回を無失点に抑え、打線の逆転を呼び込み今季3勝目。「しっかりつなげたのが良かった。白星が僕らにつくというより、チームが勝てて良かった」と充実感を漂わせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース