ウエスタン全日程終了 小斉が2年連続で打点王

[ 2011年9月29日 18:19 ]

 ウエスタン・リーグは29日、全日程を終了した。最終順位は既に優勝を決めている中日以下、ソフトバンク、阪神、オリックス、広島となった。ソフトバンクの小斉祐輔内野手が2年連続2度目の最多打点のタイトルを獲得した。

 個人タイトルは次の通り。

 首位打者 柳田殖生(中日)3割1分9厘▽最多本塁打 柳田悠岐(ソフトバンク)13▽最多打点 小斉祐輔58▽最多盗塁 安部友裕(広島)27▽最高出塁率 柳田殖生4割3分3厘▽最優秀防御率 鄭凱文(阪神)1・72▽最多勝利 巽真悟(ソフトバンク)11▽最多セーブ 金剛弘樹、矢地健人(以上中日)14▽勝率1位 鄭凱文8割3分3厘

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月29日のニュース