今村“悪夢払しょく”1イニングをピシャリ

[ 2011年8月13日 06:00 ]

<巨・広>試合前、長野(右)に謝罪する今村

セ・リーグ 広島4-0巨人

(8月12日 東京D)
 頭部死球のショックを乗り越えた。広島・今村が8回の1イニングを打者3人でピシャリ。チームの巨人戦連敗を7で止める零封リレーに加わると同時に、5日前の悪夢を自ら払しょくした。

 「3人で終わりましたからね」。代打・松本三振の後、坂本には左翼ポール際へ大飛球を運ばれた。ファウルのジャッジに原監督がアピール。ビデオ判定に持ち込まれた結果がファウルとなると、表情一つ変えず次の球で右飛に打ち取り、藤村も左邪飛に斬った。

 7日の巨人戦で長野への頭部に投球を当てて危険球退場。電話で謝罪したが、練習中の長野と東京ドームで再対面を果たしたこの日は直接、謝意を伝えた。野村監督も原監督のもとへ足を運び、頭を下げた。

 「冗談で“インコースには投げないでくれよ”と言っていただきました」。わだかまりが解け、少しばかり白い歯をのぞかせた20歳。赤ヘルのホープが再スタートだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月13日のニュース