尚成「100%」斬りも勝利ならず首位と2差

[ 2011年8月13日 06:00 ]

<ヤンキース・エンゼルス>ヤンキース戦の6回途中に登板し、1/3回を無安打無失点だったエンゼルス・高橋

ア・リーグ エンゼルス5-6ヤンキース 

(8月11日 ニューヨーク)
 エンゼルス・高橋はヤンキース戦の2―2で迎えた6回、1死一、二塁で登板。左の強打者チャベスに対して速球で押し、2ボール2ストライクから最後はスライダーで見逃し三振に仕留めた。

 1/3イニングを無失点に抑え「あの場面は左バッターを打ち取るだけだと思った。100%の力でいった」と納得の表情。しかしチームは7回に満塁本塁打で勝ち越され、9回に1点差まで追い上げるも及ばず。首位レンジャーズとは2ゲーム差に広がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月13日のニュース