四国勢躍進!東海勢10年ぶり初戦で4校敗退

[ 2011年8月13日 07:18 ]

第93回全国高校野球選手権大会2回戦

(8月12日 甲子園)
 全49校が登場したが東海勢が既に4校全て敗退。初戦での全滅は01年以来のことだ。

 九州勢も振るわず、今センバツ準優勝の九州国際大付(福岡)など6校が姿を消した。近年精彩を欠いていた四国勢は3校が勝ち残った。初出場9校中、初戦突破したのは2校。春夏連続出場組は10校のうち7校が初戦勝利を収めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月13日のニュース