ダルに熱視線!メジャースカウト「素晴らしい投球」

[ 2011年8月13日 06:00 ]

<日・ソ>ネット裏から熱視線を送る(左から)ナショナルズ、ヤンキースのスカウト陣

パ・リーグ 日本ハム4-0ソフトバンク

(8月12日 札幌D)
 ネット裏ではメジャーのスカウト陣が熱視線を送っていた。ヤンキース、レンジャーズ、ナショナルズは日本人スカウトのほかに米国人スカウトもおり、複数で日本ハム・ダルビッシュの投球に1球1球、ペンを走らせた。

 6月24日のソフトバンク戦(ヤフードーム)でジョン・ダニエルズGMが自ら足を運んだレンジャーズの渡部一国際スカウトは「いつも通り素晴らしい投球でしたね」と評価。ヤ軍、ナ軍のスカウトは札幌ドーム出口付近のモニターの前で、ヒーローインタビューまで真剣に見つめていた。

 大リーグは7月末でウエーバー手続きを経ないトレード期間が終了。今後は来季に向けて米国以外の獲得選手の調査を本格的に行うことになり、今オフにもポスティング・システム(入札制度)でのメジャー移籍が予想される右腕の周辺はますます騒がしくなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月13日のニュース