奪三振を“訂正申告”都市大塩尻、正々堂々散る

[ 2011年8月13日 06:00 ]

<明豊・東京都市大塩尻>甲子園を去る東京都市大塩尻ナイン

第93回全国高校野球選手権大会2回戦 東京都市大塩尻3-6明豊 

(8月12日 甲子園)
 東京都市大塩尻は終盤の粘りも及ばず明豊に3―6で敗れて初出場での白星はならなかった。

 6回は1点を奪われてなお無死三塁。5番の佐藤を内角高めのカーブで空振り三振に仕留めたと思われたが、捕手の古谷が「バットに当たっていました」と審判に正直に申告。判定はファウルに訂正された。結局四球で生かして、この回一挙6失点となってしまったが、主将の古谷は「常に敵味方関係なく、正々堂々とプレーしろと監督に言われている。後悔はありません」と、きっぱり。打線も4併殺とあって新井孝行監督は「策がないと言えば策はないが、打てのサインの結果。私の采配ミス」とさばさばと話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月13日のニュース