完璧杉内 それでも「ダルビッシュ君の半分ですが…」

[ 2011年8月13日 17:17 ]

2安打完封で7勝目を挙げたソフトバンク・杉内

パ・リーグ ソフトバンク4―0日本ハム

(8月13日 札幌ドーム)
 まさに非の打ちどころがない116球だった。

 ソフトバンクの杉内が今季3度目のシャツトアウト勝ち。2安打2四死球で二塁を踏ませなかった。

 「早くから打線の援護があったので守るんじゃなくて、攻めの気持ちで投げた」と杉内。奪三振は11を数え、これで通算の2ケタ奪三振試合は48試合に。自身の背番号47を1つ上回った。

 「ダルビッシュ君の半分も勝っていませんが…」と、前半戦で好投しながら勝ち星に恵まれず現在7勝の数字を自虐的に話題にしたが、2位日本ハムとの直接対決での白星は大きい。「まだ日本ハムと直接対決がたくさんある。投げる機会があれば抑えたい」と、量より質の勝利でダルビッシュに対抗していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月13日のニュース