吉見 何とか9勝目「もう少し長いイニングを」

[ 2011年8月13日 23:04 ]

3回中日2死三塁、小池が右前に先制打を放つ
Photo By スポニチ

セ・リーグ 中日4-2横浜

(8月13日 平塚)
 中日の吉見は9勝目が付いたものの、6回途中でマウンドを降りて8安打2失点。「もう少し長いイニングを投げたかった」と悔しがった。

 立ち上がりからいつも通りの制球の良さを見せていた。ところが、5回に1点を失った後、6回は先頭のスレッジにソロ本塁打を浴び、さらに2安打を許し2死一、二塁で降板。試合後は「アクシデントではない」と話した。前回の横浜との対戦では9回3失点で負け投手となった。内容は悪くても、この試合では白星をつかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月13日のニュース