オリックス6連勝でストップ…T―岡田先発復帰も

[ 2011年8月13日 23:00 ]

パ・リーグ オリックス1-2西武

(8月13日 京セラD)
 オリックスの連勝が6で止まった。1回に1点を先制されたが、2回無死二、三塁で赤田が同点打。続く鈴木が死球で、無死満塁と好機を広げた。しかし、梶本勇が三振、坂口は遊飛、大引が三振に打ち取られた。岡田監督は「2回に追い越しとったらなあ」と悔やんだ。

 不振のT―岡田を3試合ぶりに先発で起用したものの、1点を追う一回2死二塁で左邪飛に倒れるなど、無安打に終わった。岡田監督は「試合で打つしかない。練習では打っているし、打てると思って使っている。あいつ一人のためにやっているわけではない」と、厳しい言葉で奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月13日のニュース