田中先生に“贈った”熱投…佐藤亮「悔いはない」

[ 2011年8月13日 06:00 ]

<智弁学園・鶴岡東>チームは敗れるも、2失点で好投した鶴岡東・佐藤亮

第93回全国高校野球選手権大会2回戦 鶴岡東1-2智弁学園 

(8月12日 甲子園)
 鶴岡東はあと1点が届かず30年ぶり3度目の出場も夏初勝利はならなかった。

 日本ハム・武田勝をまねた変則フォームで強打の智弁学園を8安打2失点に抑えた左腕エース佐藤亮は「3年間やってきたことができました。悔いはない」。前身の鶴商学園を春夏3度の甲子園へ導いた元監督の田中英則氏が、大会開幕後の8日に急死(享年64)。恩師の訃報を受け、号泣しながら「田中先生のために校歌を」とナインに訴えた佐藤俊監督は「きょうのプレーを天国から見ていてくれたと思う。これを新しい歴史にしたい」と言って前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月13日のニュース