金子千が苦しみながらも5勝目「大事にいきすぎた」

[ 2011年7月27日 06:00 ]

<日・オ>5勝目を挙げた金子千

パ・リーグ オリックス6-3日本ハム

(7月26日 帯広)
 後半戦の“開幕投手”を任されたオリックス・金子千が6回2/3を6安打3失点で5勝目を挙げた。

 「大事に行き過ぎた。もっと長いイニング投げないといけなかった…」。試合後には2点リードで迎えた7回の投球を悔やんだ。簡単に2死を奪った直後に連続四球。失点を恐れ慎重に投球した結果、コントロールを乱して勝負所で無念の降板となった。岡田監督も「7回は完了してほしかった」と振り返った。しかし打線の援護も受けて連敗ストップに成功した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース