4番・藤島が高校通算32号!桐光学園コールドで4強

[ 2011年7月27日 06:00 ]

<桐光学園・法政二>初回2死二塁、桐光・藤島は本塁打を打つ

神奈川大会準々決勝 桐光学園10―3法政二

(7月26日 横浜)
 桐光学園はコールドで法政二を下して2年ぶりの4強進出。打線に火を付けたのは今夏から4番に座る藤島だった。

 初回、右翼席へ高校通算32号となる先制2ラン。同点の4回は内野安打で出塁して三盗も決め、決勝のホームを踏んだ。今年2月の練習中に転倒して右膝半月板損傷。今大会直前に復帰した俊足の主砲は「夏に間に合わないかもと思った時期もある。諦めないでやってきて良かった」と目を潤ませた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース