「報徳のイチロー」つかまる…3季連続甲子園ならず

[ 2011年7月27日 06:00 ]

<報徳学園・神戸国際大付>号泣しながら永田監督(手前)の話を聞く田村(中央)

兵庫大会準々決勝 報徳学園3―5神戸国際大付

(7月26日 明石)
 報徳学園の3季連続の甲子園出場の夢は断たれた。

 「報徳のイチロー」こと先発・田村伊知郎は8回まで2失点と粘投したが、1点リードの9回に神戸国際大付打線につかまり、5安打で3失点で逆転負け。2年生エースは「最後、勝っている展開で点を取られたことが一番悔いが残ります」と号泣した。「また0から鍛え直して来年は春夏甲子園で優勝できるよう頑張りたい」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース