涌井 6回途中3失点でフォーム修正が課題

[ 2011年7月27日 06:00 ]

<西・ロ>5回 涌井は、井口に死球を与えボールを見つめる

パ・リーグ 西武6-5ロッテ

(7月26日 西武D)
 6回途中10安打3失点で降板した西武の涌井が、フォーム修正を課題に挙げた。

 3回に先制点を許し、4回にも1失点。6回2死一塁から早坂の打球を左手首に当ててベンチに下がった。「手は大丈夫です。フォームがまとまっていないのが一番だと思います。練習不足だと思うのでしっかり走っていきたいです」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース