惜敗を悔やむ福留「ノーアウト満塁で取れなきゃ…」

[ 2011年7月27日 12:40 ]

ブルワーズ戦の9回、ベンチから試合を見守るカブス・福留

カブス2―3ブルワーズ

 カブスの福留孝介外野手は26日、ミルウォーキーで行われたブルワーズ戦の7回に代打で出場して右翼の守備にも就き、2打数1安打だった。内容は一ゴロ、二塁内野安打で打率は2割7分3厘。9回に代走を送られた。チームは2―3で敗れた。

 7回に代打で一ゴロに倒れた福留だったが、右翼の守備に就き、9回に「しっかり打てた」と二塁強襲安打を放った。

 ブルワーズの抑えアクスフォードは「いつもは真っすぐでくるけど、今日は変化球できた」という。150キロを超える速球に備えながら「初めて対戦する投手じゃないし、対処はできる」と変化球を強くはじき返した。

 ただし試合は2―3で惜敗。福留は「(六回)ノーアウト満塁で点が取れなきゃこうなる」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース