劇的甲子園出場!関西 延長11回堅田が殊勲打

[ 2011年7月27日 06:00 ]

<関西・金光学園>甲子園出場を決め、笑顔でスタンドにあいさつへ向かう関西ナイン

岡山大会決勝 関西6―5金光学園

(7月26日 マスカットスタジアム)
 関西が延長戦を制し、5年ぶり8度目となる夏の切符を手にした。9回裏に3点差を追いつくと、11回1死満塁から5番・堅田が右前打で劇的な幕切れ。

 「高校野球なので何が起こるか分からない。(11回は)最低でも外野フライと思っていた」とナインの祝福を受けたヒーローは声を弾ませた。

 4回に先制しながら一度は逆転を許し、土壇場で4長短打を集め、同点とする展開。4番・渡辺が大会記録の6連続四死球と勝負を避けられる中、5番の責任感が春夏連続出場へ導いた。江浦滋泰監督も「こんな試合は初めて。甲子園に行かせてもらうことが幸せです」と興奮気味に話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース