伊志嶺走塁ミス…ロッテ 3点リード守れず逆転負け

[ 2011年7月27日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ5-6西武

(7月26日 西武D)
 ロッテは3点のリードを守れず逆転負けを喫した。

 西村監督は「あれで少しずつ流れが向こうにいってしまった」と、伊志嶺の走塁ミスを敗因に挙げた。5回無死一、二塁でカスティーヨの浅い右飛の際に、二塁走者として飛び出し併殺となった。「前に落ちるかと…。判断ミスです」と振り返るルーキーに対し、青山総合コーチは「経験不足」と言った。6回1死にも一塁走者の工藤がけん制死。その直後に6失点を喫し、指揮官は「野球とはそういうもの」と評した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース