村田が千金の“全力疾走”で決勝点「負けてもやり続ける」

[ 2011年7月27日 06:00 ]

<巨・横>4回1死一塁、ハーパーの左前打で三塁へ進塁する横浜の村田

セ・リーグ 横浜1-0巨人

(7月26日 東京D)
 横浜の村田が「全力疾走」で虎の子を1点をもぎ取った。

 4回1死から中前打で出塁すると、次打者ハーパーの左前打で三塁を陥れる好走塁。続くスレッジの中犠飛で生還。球宴でも全力疾走し、第3戦(Kスタ宮城)では人生初の代走にも起用された。「足は張ってますよ。でも、あの走塁はハーパー以外なら誰でもできます。負けてもやり続ける。それが自分にも大事だし、チームの来年にとっても大事」と頼もしかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース