「3番・ラミレス、4番・長野」の新打線不発に原監督がっくり

[ 2011年7月27日 06:00 ]

<巨・横>6回2死一、二塁、中飛に倒れ天を仰ぐ阿部

セ・リーグ 巨人0-1横浜

(7月26日 東京D)
 前半戦と変わらない光景。巨人は新打線で挑んだ後半初戦も散発6安打で三塁すら踏めずに今季6度目の零敗。原監督は寂しそうに言った。

 「抑えられたということだよね。相手に襲いかかる部分もなかった」

 最大の好機は1点を追う7回無死二塁。打席に向かう小笠原にベンチを出て耳打ちした。「だいたい想像がつくでしょ。2ボールのカウントになっていいなと思ったけど…」と原監督。結果は遊ゴロで走者を進めることもできなかった。

 最悪でも1死三塁とすれば、次打者の犠飛でも同点のケース。小笠原は「最低でも(走者を)進めなくちゃいけない。いい形で次のバッターにつなげないといけなかった」と振り返った。

 送りバントという選択肢もあった中での強攻策が裏目。岡崎ヘッドコーチは「7番でも小笠原だから、あそこは(走者を)還してということを望んだ。進塁打とかいう意識はない」と説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース