ルーキー七条3勝目「余計なことを考えずに投げられた」

[ 2011年7月27日 22:13 ]

セ・リーグ ヤクルト3―2広島

(7月27日 神宮)
 ヤクルトの七条が6回を2ランによる2失点にまとめて3勝目を挙げた。味方が先制した直後の3回に失点したが、4~6回は三者凡退に抑えた。「打たれてから、余計なことを考えずに投げられた」と手応えをつかんだ様子だった。

 新人右腕は制球力が持ち味だが、前回は4回途中までに6四球を与えて降板。この日も一回は2四球を出したが、修正した。「きょうは多少自信になる。持ち直せたのが収穫」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース