昨年の決勝の悔しさ晴らした!鶴岡東は30年ぶり切符

[ 2011年7月27日 18:27 ]

山形大会決勝 鶴岡東3―2山形中央

(7月27日 県野球場)
 山形大会決勝は2年連続で同じ顔合わせとなった。鶴岡東が山形中央に3―2で雪辱。30年ぶり3度目の夏の甲子園出場を決めた。佐藤監督は「去年の土砂降りの中で負けた悔しさを、選手が晴らしてくれた」とたたえた。

 鶴岡東は同点の七回に神田の適時打で勝ち越し。古市―佐藤亮の継投で逃げ切った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース