佼成学園 5試合連続コールド勝ちで4年ぶりベスト4

[ 2011年7月27日 06:00 ]

<穎明館・佼成学園>6回コールドで参考記録ながらノーヒットノーランリレーした佼成学園・磯崎(左)と今井力

西東京大会準々決勝 佼成学園11―0穎明館

(7月26日 神宮第2)
 佼成学園は背番号11の磯崎から背番号10の今井への2年生投手による無安打継投で、穎明館に11―0で大勝。日大三と同じく初戦から5試合連続コールド勝ちで4年ぶりにベスト4に進出した。

 5回8奪三振でわずか1四球の磯崎は「捕手の構えているところに投げられた。四球も1つでしたし、内容はよかった」と納得の表情で振り返った。

 チームは今春の東京都大会決勝で日大三に延長戦の末、敗れたものの関東大会に出場。自信を深めた。この日はエースの溝口を温存する形となったが「溝口さんは尊敬できる投手。休ませることができてよかった」と磯崎は自分の役割を果たせたことを喜んだ。準決勝の相手は早実。藤田直毅監督は「相手は地力があるので勝算はありませんが、相手にペースを与えないようにしたい」と静かに闘志を燃やした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月27日のニュース