小池祐貴、天下一品の回転力 視認不可能の脚さばき

[ 2021年6月24日 05:30 ]

男子100メートル 史上最速決戦

小池祐貴
Photo By スポニチ

 小池祐貴(26=住友電工)は回転の速さは天下一品だ。

 6人の中で最小兵、身長1メートル73の動きはキレキレ。さらに、終盤の減速がかなり少ない選手としても知られる。視認不可能の脚さばきで中盤にかけて勢いを付け、その後は氷上を滑っているかのように、スピードを維持したままゴールまで突き進むイメージだ。

 サニブラウンと同様に200メートルもトップ選手。桐生は同学年。高校時代は、相手が雲の上の存在だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月24日のニュース