ケンブリッジ、終盤の瞬間ワープ魅力 名刀のような切れ味鋭い加速

[ 2021年6月24日 05:30 ]

男子100メートル 史上最速決戦

ケンブリッジ飛鳥
Photo By スポニチ

 ケンブリッジ飛鳥(28=ナイキ)は名刀のような鋭い切れ味をゴール前で繰り出し、これまで何度も逆転劇を演出してきた。

 2位にランクするトップスピードとストライド幅で、中盤から瞬間ワープ的に加速する。終盤の絶対的な強さに加えて、昨年から序盤のダッシュ力も鋭くなった。

 左脚が不調のため今季は精彩を欠いているが、16年大会を制したように、五輪イヤーに再びまばゆい輝きを放っても、誰も不思議がらないだろう。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月24日のニュース