×

桐生祥秀、ロケット級の爆発力 中盤からの急加速無敵

[ 2021年6月24日 05:30 ]

男子100メートル 史上最速決戦

桐生祥秀
Photo By スポニチ

 桐生祥秀(25=日本生命)はトップスピード1位が示すように、ロケット級の爆発力を備える。

 以前は後半に弱い印象があったが、日本人初の9秒台を出した時の最高速度出現は60~70メートル。中盤から後半にかけて最大出力になった印象だ。

 序盤をまとめ、ブースターを切り離す中盤から急加速をすれば、もはや敵はいない。前走は追い風参考記録とはいえ10秒01をマーク。2走前のフライング失格の悪夢を振り払った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月24日のニュース